今すぐやめて健康寿命アップ!実は体に悪い20の習慣

タバコやジャンクフードが体に良くないのは誰もが知っている事実。タバコのように致命的ではないけれど、私たちの体を少しずつむしばんでいく可能性のある習慣は実はたくさんあります。中には生活の中で当たり前のように繰り返していて、悪いことと気付いていないようなことも。そんな知らず知らずのうちに体をむしばむ20の悪習慣をご紹介します。今すぐにでもやめて健康維持につとめましょう!

1 財布をお尻のポケットに入れる

Source: brightside.me

ジーンズの後ろポケットにお財布を入れている方はとても多いと思います。とても取り出しやすくて便利ですが、実は体にはとても悪いのです。椅子に腰かけたときにお財布はお尻の下に。たった15分の間その姿勢を続けるだけでも背骨には大きな負担がかかっています。長期にわたって繰り返すことによって背中に慢性的な痛みが生じたり、脊椎の椎間を圧迫し側弯症となる可能性も。最悪の場合には脊髄障害により神経などを傷めることにもつながります。

2 寝る前スマホ

Source: brightside.me

最近の研究によれば、寝る前にスマートフォンやタブレットなどを見ることは睡眠時間を減り、さらに眠りが浅くなるなどの睡眠障害を引き起こしやすくなるそうです。それにもかかわらず89%の大人と75%の子供が就寝前にスマートフォンなどを使っていると米国国立睡眠財団の調査に回答しています。「寝る前スマホ」は睡眠の質を悪くするだけでなく、日中の行動の生産性も下げ、ストレスレベルが上がる原因にも。少なくとも寝る前の1時間はスマートフォンなどブルーライトを発するものを使うのを控えたり、寝床から手の届かない所に置くなどの工夫をし、そういった電子機器から少し離れ静かな時間を過ごすとともに睡眠の質を下げないようにしましょう。

- -