11歳の少年が300円で絵を買ったら衝撃の出来事に

- 広告 -

スティーブン・パドロは、たった11歳ながらアンティーク愛好家でした。世間一般の人々とは異なり、彼は飽くことない絵画への探求心から自ら様々な絵を探し回り、その若い人生に大きな変化をもたらすことになる1枚の絵画と幸運な出会いをし、手に入れることになりました。これは、彼がわずか$2で手に入れた水彩画が今や貴重な価値が認められることとなり、そしてその後繰り広げられた驚くべき状況を紐解いていく物語です。

パドロのアンティーク ロードショーの水彩画

a girl drawing
https://pixabay.com/

スティーブン・パドロは、お宝鑑定番組のアンティーク ロードショーに出演しました。彼の後ろにはオークションで$2で購入した水彩画が飾られています。11歳のパドロはこの作品が購入金額を少し上回って利益が出るといいなとわずかに期待していました。彼の購入した絵画は$2という価値に見合うようなありきたりのものだったのでしょうか?専門家デビッド・ワイスから語られたのは、作品の真の価値に関する衝撃的な内容でした。

アンティーク愛好家のアンティーク ロードショー出演

- 広告 -

a boy thinking
https://unsplash.com/

ニュージャージー出身の若いアンティーク愛好家スティーブン・パドロは、父親の勧めもあって、アンティーク ロードショーに参加しました。これが彼の初めてのテレビ出演のです。彼の趣味はスターリングシルバー、ガラス製品、アート作品の収集です。彼は6年生ですが、地元のオークションで見つけたアイテムをオンラインで販売しています。彼は最近、父親とバージニア州リッチモンドで開催されたイベントに参加し、2ドルで購入した水彩画を持ち込み、イベントで注目を集めました。

- -