少女が学校で双子がいると親に伝えたら、翌日父親が離婚を申請

- 広告 -

キャロラインは想像力豊かで才能のある少女でした。彼女はぬいぐるみを相手にごっこ遊びをしたり、想像上の仲間たちの複雑で凝った物語を創り上げ、それを語ったりして楽しんでいました。ある日キャロラインは、学校に自分の双子の姉妹がいると嬉し気に両親に話しました。彼女の両親は驚きましたが、それはキャロラインのいつもの空想物語の一つだろうと考えました。キャロラインがその物語に飽きれば、娘はいずれ双子の話をすることをやめるだろうと、彼らは思っていたのです。しかし、そうではありませんでした。

双子の秘密

twins
https://unsplash.com/

娘のキャロラインが双子の姉妹のことを話し続けるので、父親のジョンは段々不審を抱くようになりました。そして情報を得るために学校に行ったのです。そこでは娘の担任の先生から、キャロラインに関する新たな憂慮すべき情報が聞けました。情報を妻に伝えるために学校を出ようとした時、ジョンは学校の敷地内で驚くべき事を目撃しました。そして彼は、離婚を申請する必要があるかもしれないことに気づいたのです。

隠された双子

- 広告 -

secret
https://unsplash.com/

9歳のキャロラインは想像力が豊かで、ぬいぐるみなどの人形とごっこ遊びをするのが大好きな一人っ子でした。ある日、彼女は双子の姉妹クララが、同じ学校に通っていると話しました。彼女の両親は、それを娘が創り上げた数々の楽しい空想の一部だと考え、物語として受け止めました。しかし、後にジョンは実際に学校でクララの存在を確認し、キャロラインの物語が現実であることに気づいたのです。この出来事が、彼が離婚を考えるきっかけになりました。

- -