沿岸警備隊が離島で動きを発見し、その後よく見た。

- 広告 -

無人島で奇妙な生命の痕跡を発見した航空機乗務員。

バハマの離島上空を飛行するアメリカ沿岸警備隊の乗組員たちは、眼下に広がる環礁の手つかずの美しさに心を奪われる。何世紀もの間、公式には無人島であったが、一見無人島に見える島々で必死の動きがあることに気づいたとき、彼らの日常的な飛行は不気味な展開を見せる。この予期せぬ発見は、この手つかずの海岸に隠された謎を解き明かす一連の出来事の引き金となり、公式の物語を覆し、この離島の従来の理解を覆す、生活と孤立の興味深い物語を明らかにする。

異常な活動

異常な活動
petsfanatic.com

定期便のフライト中、沿岸警備隊の乗組員はキューバに近い無人島、アンギラケイの異常な活動に興味をそそられる。入植の歴史はないものの、クルーは発見したものに困惑する。X」印の隠された財宝なのか、それともこの孤島であらゆる困難を乗り越えて生きてきた何者かなのか……。アンギラケイの謎は、沿岸警備隊員にとって忘れられない冒険を約束してくれる。

予想外の展開

- 広告 -

予想外の展開
petsfanatic.com

普段はフロリダとキューバの間の海域での救助活動に専念している沿岸警備隊の乗組員が、とんでもない事態に遭遇した。マイアミの北に位置するオーパ・ロッカで活動する彼らの航空基地は、先進的な航空機による海洋救助を実施してきた長い歴史を持つ。しかし、アンギラケイのような離島で異常な活動に遭遇したことは、彼らの典型的な任務とはかけ離れたものだった。無人島探検は沿岸警備隊の通常の任務ではないため、この発見はさらに予想外のものとなった。

- -