脚本にない名台詞が映画をより良くした。

- 広告 -

脚本にない名台詞が映画をより良くした。

監督やプロデューサーが映画を作ろうとするとき、最初から完璧なアイデアが頭の中にあり、そのアイデアが最終的に大きなスクリーンで観客に見せられると思いがちです。しかし、クリエイティブなプロセスはそうではありません。最初から最後まで、大小さまざまな変化が起こりながら、映画は完成していくのです。これは、カッティングルームでシーンを丸ごと編集することが多いのですが、撮影中にも、予定外のことが起こることがあります。

『真実を扱えないのか!』

この写真を見ただけで、あなたの頭の中に引用が浮かぶに違いありません: 「真実を扱えないのか!」。このセリフが象徴的であったとしても、脚本では少し違っていた。ダニエル・カフィー中尉(トム・クルーズ)がネイサン・ジェサップ大佐(ジャック・ニコルソン)に証言台で質問しているとき、カフィーが「真実が知りたいんだ!」と言うのです。しかし、ニコルソンはこのセリフが気に入らず、限りなく良いバージョンに変更した。その後、ニコルソンが少し間を置くことで、このセリフはよりインパクトのあるものになりました。

出典:アンズプラッシュ

「アイム・ウォーキン・ヒア!」。

2人の詐欺師が思いがけない友情を育む物語『真夜中のカーボーイ』は、史上最高の映画の1つとされています。そして、その最も印象的なシーンの1つは、ニューヨークの悪徳タクシー運転手が映画撮影中のサインを無視して、危うく映画のスターを轢いてしまうところだったために起こったものです。

ラッツォ(ダスティン・ホフマン)とジョー・バック(ジョン・ボイト)が通りを歩いているシーンで、本物のタクシーが交差点を渡る瞬間に急停車したのです。ラッツォが叫んだのは有名な話だ!と叫び、運転手が走り去った後、「気にするなよ。実際、保険金を受け取るには悪くない方法だよ」。ホフマンは、危うく轢かれるところだったにもかかわらず、決してキャラを崩さず、アドリブで新しいセリフを入れてから、予定されていた台詞を続ける。そして、そのセリフの前にアドリブで新しいセリフを言うのだ。

- 広告 -

出典:アンズプラッシュ

- -