好奇心旺盛な人々がクジラに触れる – すると突然、こんなことが…。

- 広告 -

船内は死ぬほどの緊張感に包まれた。船長は皆に座るように命じ、出航することはできない。クジラはこれを脅威と感じるかもしれない。

人々は黙って、早く終わることを祈るしかなかった。しかし、何よりもまず、クジラの姿が見えなくなった。

緊張が走る中、クジラは船から50メートルほど離れたところでようやく浮上した。クジラは、遠くから驚いた人々を氷のような目で見つめた。

そして、ボートに向かって猛スピードで泳いでいった……。

bright-side.life/

「見て、船が真っ二つになる!」この加速を見た乗員は悲鳴をあげた。

乗員は咄嗟に地面に寝転がった。その後、クジラは猛スピードでボートに突進してくるので、恐怖の数秒間が続いた。

しかし、観客が身構える間もなく、クジラはボートのすぐ横をすり抜けて、意外な方向へ曲がっていった。まるで何かに向かって泳いでいるような、気が散っているような。

そして、クジラの後を追った人々は、ついにその正体を知ることになる……。

- 広告 -

bright-side.life/

- -

- 広告 -