レストランで貧しい家族を笑う大富豪、ウェイトレスから信じられないようなメモを渡される

トニーが自分よりはるかに恵まれない人々を笑い、あざ笑ったのは、これが初めてではなかった。まるで、他人の悲しい状況にしか笑いを見いだせず、それを笑うのが好きなような人でした。しかし、今回はそう簡単には済まされない。ウェイトレスは、隣のテーブルの貧しい家族に恥をかかせたことをきっぱりと後悔させるようなメモを手渡した。

レストランで貧しい家族を笑う大富豪

一晩中バカにしていた哀れな家族が、頭を下げてレストランを出て行った時、トニーは耳から耳までニヤニヤしていた。彼は行動した途端、自分の恐ろしい行動に対して罪悪感など微塵も感じなくなった。当時はそれで済んでいたが、その後…。

ノート

一家が帰ったところで、ウェイトレスの一人がトニーに近づき、控えめにメモを手渡した。トニーは、彼女の目を見て、それが真剣なものであることを理解した。彼は、客席を失礼してトイレに行き、メモを読んだ。

ノート

その紙切れに書かれた内容を目で見て、顎がどんどん下がっていった。彼は信じられなかった。どうしてあんなにバカだったんだろう?しかし、トニーがウェイトレスから受け取った紙には何が書いてあったのだろう。なぜ、貧しい家族に恥をかかせたのか、そして今、彼はそれを後悔しながら一生を過ごすのだろうか。

No posts to display