空に浮かぶ謎の赤いボールの正体とは!?

redball
Source:maternityweek.com

空を見上げた時、送電線に取り付けられたボール状の物体が目に入ったことはありませんか?赤くて、クリスマスツリーにかける赤いオーナメントみたいな形をしたあれです。大体は規則正しく等間隔にたくさんついています。色は赤が基本ですが、白色や黄色もあります。電線に飾りがついているはずがありませんので、何か必ずや意味があるはずです。一体この謎のボールが何のためにあるのか探ってみると、予想以上に重要な私たちの生活を守る設備であることがわかったのです。このボールがいつごろから世の中で使われるようになったのかは実はあまりはっきりしていません。1950年代にアメリカのフロリダ州とアーカンソー州で使われるようになったという説、70年代にアーカンソー州だけで見られるようになった説など・・・どちらにしろあまりよくわかっていないのでここでは議論しませんが、今やアメリカのみならず多くの国で使われています。

redball and moon
Source:maternityweek.com

遠くから見ると小さく見えるこのボール、実際のサイズがどのくらいかご存知ですか?何百メートルも離れた地上からでもはっきり見えるくらいですから、小さいはずがありません。サイズにはバラエティがありますが、大きいものだと直径1メートルほど。地上から近い電線に取りつけられているボールだと、大きいボールの約半分。直径50センチほどです。小さいボールであればあるほど、それぞれのボール間の距離は狭いのが一般的で、小さなボールで約10メートルごとに、大きいボールで約90メートルごとに取り付けられています。当たり前ですが、それらのボールは人が登って取り付けることは不可能なのでヘリコプターで停空飛行をしながら取り付け箇所に設置されます。

- -