所有地に洞窟を見つけた男性、洞窟に入り彼の犯した過ちに気づく

夢に描いていた家がついに自分のものになる日を待ち望んでいませんか?しかし、これから話をする男性の物語は、ただ彼が家を買ったというだけの話ではありません。クリストファーは彼の所有地を散策していた際に、彼の人生を変えることと出会うのです。

夢の家

興味にそそられて彼が散策し続けましたが、そのトンネルを下っていくことが、もとに戻れないことを意味しているとは気づきませんでした。しかし彼は警察や不動産エージェンシーが警告したのにもかかわらず、突き進んでいったのであった。

 

調査を進めると

この写真で、多くの人が気づかないものがあるのが分かりますか。木に覆われた未開拓の森の中を歩くと、木と岩に囲まれた容易に見つけることのできない洞窟の入口があることが分かります。

クリストファーが調査を終え、全てのことが分かると同時に、もう帰ることが出来なくなっていることに気づきました。あなたが新しい家を探索したとき何か見つけたことがありますか?

- -