とある家族が犬を購入し、それを見た警察はすぐに通報をした

奇妙な行動

家に帰るやいなや、スーは子犬の行動が非常にユニークで、他の犬の行動とは異なることに気づきました。その犬は食欲が旺盛でした。子犬は、毎日バケツ 2 杯のパスタと果物 1 箱を食べました。かわいい子犬であるのに変な鳴き声を出しました。それは通常の「鳴き声」ではなく、むしろ悲鳴のように聞こえました。店長は、チベタン・マスティフは特別な品種だとすでに彼らに話していたので、スーはそれについて特に考えてはいなかったのです。かわいらしいブラッキーは、スーとその家族と一緒にいることを明らかに楽しんでいました。

なぜスーが獣医に行くことになったのだろうか?次のページで詳細をお読みください。