ペットがカーペットに吐いたときの簡単な掃除方法

    ペットがカーペットに吐いてしまった。こんな経験をした飼い主様は多いと思います。

    今から紹介するのヒントを使えばとても簡単に掃除できます。ペットがカーペットの上で吐いてしまうと、掃除するのはとても大変ですよね。カーペットに汚れや臭いが染み込んでしまい、嘔吐物を完全に除去するのは難しいからです。後で、シミになったり、匂いが残ったままなんてこともあります。とても大切にしていたカーペットが台無しですよね。しかし、次のような超簡単な手順で、ペットの嘔吐物の掃除をスムーズに行うことができますよ。

     

    すぐに対処

    bulldog and carpet
    https://pixabay.com/

    カーペットについた嘔吐物の掃除は、すぐに対処することが大切です。ペットがカーペットに吐いてしまったときは、YouTubeチャンネル「Ask a House Cleaner」のアンジェラ・ブラウン氏は、このように説明しています。「嘔吐物をそのままにしておくと、カーペットに汚れや臭いが染み込んでしまい、細菌が増えてしまいます。だからこそ、嘔吐物を見つけたらすぐに処理することが重要なのです。」では、どのようにして嘔吐物の掃除をするのでしょうか。次のステップを参考にしてください。

    ステップ1

    yorkshire terrier and carpet
    https://unsplash.com/

    ペットがカーペットに吐いてしまった場合、まずはペーパータオルで嘔吐物を拭き取ります。ほとんどのご家庭にペーパータオルがあると思いますし、ペーパータオルは吸収力が高く、嘔吐物の水分や固形物を効果的に取り除くことができます。ペーパータオルでできるだけ多くの嘔吐物を除去するようにしましょう。その後、ペーパータオルと一緒に犬用のうんち袋に入れて捨てます。犬用のうんち袋は防臭効果があり、嘔吐物の臭いを抑えることができます。

    ステップ2

    french bulldog and carpet

    嘔吐物の固形物を除去した後、新しい(乾いた)ペーパータオルでカーペットの水分を吸い取ります。ペーパータオルはカーペットの表面に置くだけではなく、カーペットを軽く押さえて、ペーパータオルに水分をできるだけ吸収させます。この作業はペーパータオルがぬれてしまうまで繰り返します。ペーパータオルがぬれてしまったら、新しいものと交換します。カーペットの水分を吸い取ることで、シミや臭いの発生を防ぐことができます。

     

    ステップ3

    labrador retriever and carpet
    https://unsplash.com/

    汚れや臭いを落とす洗剤を使います。酵素入りのものがおすすめですね。酵素入りの洗剤はペットにも安全で、汚れと臭いを分解します。ブラウン氏は、「人やペットに有害な化学物質は使わないでください。呼吸器に刺激を与えたり、毒性が高かったりするものは避けましょう」とコメントしています。洗剤を選んだら汚れた部分にスプレーして、しばらくそのままにしておきます。洗剤が効くまでには、5分から10分ほどで十分ですよ。

    ステップ4

    small dog and carpet
    https://pixabay.com/

    カーペットの水分を吸い取った後、新しいペーパータオルでカーペットの汚れた部分をふき取ります。ペーパータオルは優しくこすらずに、汚れを拭き取るようにします。こすってしまうと、汚れがカーペットの繊維に染み込んでしまう可能性があります。ペーパータオルで汚れた部分をふき取ることで、カーペットの色や質感を保つことができます。これで、残っている液体をペーパータオルに吸わせることができます。液体が完全になくなるまで、ペーパータオルを交換しながら続けます。

     

    ステップ5

    bulldog fine and carpet
    https://unsplash.com/

    最後にカーペットが完全に乾くのを待ちます。カーペットがまだ湿っていると、シミや臭いが残ってしまう可能性があります。また、湿ったカーペットに掃除機をかけると、掃除機が故障する恐れもあります。カーペットが乾いたら、掃除機でカーペットをきれいにします。掃除機はカーペットの繊維に残った嘔吐物の微粒子やほこりを吸い取ることができます。掃除機をかけることで、カーペットの色や質感をより美しくすることができます。これでカーペットは元通り!

No posts to display